電子新聞「奈良妖怪新聞 第50号」【 銀行振込・コンビニ払い 】

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

 妖怪文化研究家の木下昌美さんが執筆する月刊電子新聞「奈良妖怪新聞」第50号を発行しました。かつて奈良の月ヶ瀬と京都の南山城との間で、土地の境目を決めるためのやり取りがあったという。その際に重要な役目を果たしたのが鶏。しかし鶏は思うような働きをしなかったため殺されてしまったのだが、その死体を埋めた場所にある石が「鶏石」と呼ばれ、現在も語り継がれています。奈良妖怪新聞は毎月第一月曜日に発行。ぜひご愛読ください。(内容:フルカラー、ページ、PDF)


【 銀行振込・コンビニ払い 】
※銀行振込・コンビニ払いは、お支払いから登録メールアドレスに商品が届くまで少々お時間がかかる場合があります。ご了承ください。